名古屋の世帯数と時代における変化

愛知県の県庁所在地として、名古屋は古くから県政の中心地であり、常に重要な役割を果たしてきました。



また2005年3月から半年間にわたって愛・地球博が開催され、多くの来場者を迎えたことは、記憶に新しいことでしょう。



名古屋の世帯数を示す最新のデータでは、その数は約105万世帯に達しています。



今後もその数はますます増加していくことが見込まれており、最新のランキングでは横浜市、大阪市に次ぐ規模の自治体となっています。


行政機関

名古屋にはさまざまな行政機関が集中しているだけでなく、企業の根幹をなす組織がたくさん置かれています。



そのため名古屋近郊に居を構え、市内へ通勤している人は多く、住宅の建設も盛んに行われています。



市政施行以降の世帯数の動向を見てみると、2009年3月に初めて100万世帯を超え、それ以降も順調に増え続けています。



名古屋が愛知県の中枢としての責任を担い続ける以上、今後も世帯数は着実に増え続けていくことでしょう。

続きを読む

名古屋で子育てしたい!子どもの遊び場はどれくらいあるの?

名古屋市は中部地方の中枢都市で、政治、経済、文化の中心になっている都市です。



全国第3位の人口を有し、多くの人が暮らしています。



中部地方の経済の中心ということで、多くの子育てをしている世帯が住んでいます。



名古屋での子育て中の人々は、子どもをどのような遊び場で過ごしているでしょうか。



大きい都市なので、公園や遊び場は多くあります。



その中で、特に人気のあるスポットを紹介したいと思います。


東山動物園

名古屋市港区にある大型児童センターとだがわこどもランド、こちらは広大な敷地に東海地方最大の木製大型遊具やたくさんの複合遊具があります。



一日で遊びきれないくらいの広さや遊具があるので、何度でも楽しめるところもいいです。



千種区にある、東山動物園も子どもの遊び場として良いと思います。



500種を超える動物がおり、動物園として以外にも、植物園や遊園地などもあります。



公園での遊び以外も子どもに体験させてあげたい時に行くといいと思います。



名古屋市には他にも多くのスポットがありますので、色々と体験させてあげるといいでしょう。

続きを読む

中日・ドアラファン必見!ナゴヤドーム周辺の駐車場まとめ

名古屋へ遊びに来て、ナゴヤドームやイオン名古屋ドーム前店へ行く際、近隣の駐車場でお勧めの場所をいくつかあげます。



ナゴヤドーム


タイムズナゴヤドーム駅前」はナゴヤドーム前矢田駅をおりて徒歩2分程度の所にあります。


タイムズ

ドームまでの距離は900m程で、1日最大500円で使用できます。




「北千種1丁目駐車場」は出来町通りの萱場の信号から程近くにあります。



1日最大1700円と少し割高です。ドームまでは500m程で近いです。
イベントにより料金変動します。





リパーク ナゴヤドーム前」は環状線の六所社前の交差点の近くにあります。



最大料金は入庫~当日24:00までで最大400円。名古屋ドームまでは200m程でかなり近いです。
イベントにより料金変動します。





清明山2-6駐車場」はピアゴノ近くの住宅街の中にあります。

1日最大500円で、ドームから近いにもかかわらず安いです。



ドームまで500m程です。事前予約も出来るようで、便利です。
イベントにより料金変動します。






大幸4丁目駐車場」は砂田橋駅の近くにあります。


ドームまでは700m程で、徒歩で14分近くかかります。



1日最大料金は1500円。
イベントにより料金変動しますが、他の場所だと4500円まであがる所もある中、3000円ということです。

続きを読む

実は変わっている?名古屋人の特徴

名古屋人には、いくつかの特徴があります。


一つ目は、「堅実かつ合理的」。


名古屋の方はケチといわれることもありますが、正確には「無駄遣いが嫌い」というべきです。


合理的な経営をしている企業はたくさんあり、特に「無借金経営」の企業が多いため、平成の不況でもあまりダメージを受けることがありませんでした。


名古屋人

とはいえ、お金を貯めることしか考えていないというわけではなく、気に入った物には出費を惜しまないという所もあります。


二つ目は、「食については満足感を重視する」。


食事は、「安い」「量が多い」「味が濃い」の3点がポイントです。


もちろん、「美味しいかどうか」ということも考慮しますが、基本的には「安くて腹もちがよい物」を好みます。


三つ目は、「正直である」。


思っていることを、そのまま口に出す傾向が見られます。


ソフトな言い方ができないので、悪い印象を持たれることも少なくありませんが、腹の中はさほど黒くないともいえます。

続きを読む

名古屋の教育事情!学校教育の特徴

名古屋の学校教育では、子ども一人ひとりに重きを置いた指導が行われています。



小学校1・2年生は30人教室が導入されており、きめ細やかな指導に徹しています。



その結果、基本的な計算力が向上し、欠席する児童が減りました。また少人数制度を実施しています。


名古屋の教育



1つの学級を複数の教員で指導したり、習熟度や課題に応じて少人数に分けて授業を行ったりします。



これによって基本的な知識の定着から、発展的な学習への移行がスムーズに行われます。



また名古屋では、学習支援ボランティアの協力を得ています。



総合的な時間には、保護者による読み聞かせや薬剤師から薬物乱用の危険性を学びます。



地域の消防団の協力のもと防災についての基礎知識を培う活動も行っています。



さらに「名古屋土曜学習プログラム」では、指定された小学校で伝統芸能や科学実験、郷土史の探索といった体験学習を開催しています。



これらの学習を支援・補助するのは、土曜学習いきいきサポーターと呼ばれる大学生です。

続きを読む

▲ページトップに戻る