歴史の舞台を彩る地「名古屋」の歴史がわかる武家文化の遺産

名古屋は大いなる歴史、特に戦国武士たちの歴戦の歴史とともに成り立つ都市であり、今もさまざまな形でその足跡を私達に伝えています。


歴史ファンはもちろん、観光客や名古屋の人々が愛する歴史スポット・武家文化の粋が名古屋にはたっぷりと残されています。



そんな、おすすめ武家文化のスポットをご紹介します。


 武家文化


まず、名古屋城を外すことはできません。



名古屋のシンボルのひとつであり、市街地からお手軽に訪れることができるのもおすすめの理由です。



徳川家の居城として有名である他、何より大天守閣にある金の鯱は一度は目にしておくべきです。



次に建中寺は、慶安4年(1651年)に尾張二代目藩主・光友が先代の菩提のために創建し、以降徳川家の菩提寺となったお寺です。



本堂には県の文化財に指定されている権現造りの霊廟や、山間一戸様式の山門など見所もたくさんあります。



そして、尾張四観音のひとつ、荒子観音にも訪れましょう。



天台宗のお寺で、1200もの円空仏は圧巻です。市内最古の木造建築物として、国の重要文化財にも指定されています。



太古の神話をなぞる、由緒ある神社・熱田神社にも訪れましょう。



三種の神器の1つ・草薙剣を祀る神社としても知られています。



創建は西暦113年ころと伝えられる、歴史の深い神社です。



最後に、徳川園は尾張・徳川家の邸宅と池泉回遊式の日本庭園が残るスポットです。



季節ごとに表情の変わる、美しい庭園をご覧ください。

続きを読む

ピリ辛で大人気!名古屋の人気ご当地グルメ「台湾ラーメン」5選

名古屋に来たなら、色んな名物はあれど麺類も避けて通ることができません。



醤油ベースのラーメンでしたら、「すがきや」。これは外せないでしょう。



今回はピリ辛の、もうひとつの名古屋名物のラーメン・台湾ラーメンのおすすめ店舗・5店を紹介します。




まずは「味仙 矢場店(ミセン)」。



台湾ラーメン

一度名古屋で住んだことがあったり、旅行か何かで訪れたのなら必ず目にするであろう味仙。



CMでもおなじみの店舗で、大半の中華料理店がこのチェーンです。



スープと辛味が絶妙なバランスを保っており、長年たっても変わらない味は名古屋人も全幅の信頼を寄せています。



続いて「藤一番 千種店」です。



ふじいち、の愛称でも親しまれ、こちらも広く店舗をのばしており、トッピングも豊富で味も最高です。



ガイドブックにも頻繁に顔を出す、おすすめ店舗です。



パンダらーめん」は創業30年以上の老舗。



こちらも辛くておいしい台湾ラーメンが名物であるほか、野菜たっぷりのサッポロラーメンも絶品。



また、ボリューム満点で、胃袋の弱い方はご注意を!



屋台当時の味と雰囲気が根強い人気を誇る、「ゆきちゃんラーメン」も忘れてはなりません。



台湾ラーメンを広めた主役であるこちらは老舗ならではの味が楽しめます。



最後に「会所らーめんおか田 杉栄町」は自社製麺所を持つというこだわりっぷり。



ニラ・唐辛子がたっぷり入って大満足。



ぜひ名古屋に訪れたらピリリと辛い台湾ラーメンを食べてみてください。

続きを読む

名古屋を代表する観光スポット!「名古屋城」の魅力

名古屋市内の観光といえばどうしても外せないのが名古屋城です。



金の鯱で有名なお城であり、天守閣と本丸御殿が隅櫓・多聞櫓に囲まれた豪壮堅固な造りで、尾張徳川家約六十二万石として栄えました。



名古屋城の歴史としては、徳川家康が外様大名を動員して築城したのが始まりです。慶長15年(1610年)に着工し、4年後に完成しました。


本丸・二の丸・西の丸・御深井丸・三の丸の五郭から成り立つ、非常に大きな規模のお城で、特に金鯱をのせた華麗な天守閣は、その存在を広く知らしめました



元和2年(1616年)に家康の九男・義直が入城して以後、徳川御三家筆頭・尾張藩六十一万九千石の牙城となります。



名古屋城

のちの世、昭和20年に米軍の空襲によって天守閣を含む城のほとんどを焼失されてしまいましたが、昭和34年に再建。本丸を囲む石垣や、空堀・外堀などは今も当時のままの姿であり、二ノ丸庭園も一部は現存しています。



天守閣内には旧本丸御殿の障壁画などを観賞することができる展示室が設けられ、最上階は展望スペースがあり名古屋市内を一望することができます。



入城料は大人500円、中学生以下は無料ですのでファミリーでもどうぞ。



時間は9時から16時半まで。


アクセス方法としては、名古屋市営地下鉄・市役所駅の7番出口より徒歩5分で東門へと到着します。

続きを読む

船員気分で船内を観覧!体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」

「名古屋港ガーデンふ頭」には、「名古屋港水族館」「名古屋ポートビル」など海に関する施設がありますが、オレンジ色の船体「南極観測船ふじ」も永久係留されています。



「南極観測船ふじ」の乗船口より船内に入ると、すぐにテーブルが並んでいる食堂に入ります。



このテーブルには普段はテーブル枠が納めてありますが、船が揺れる荒天時には食器がテーブルから滑り落ちないように枠を上げられるようになっています。



隣の調理室では一生懸命に食事を作ってます。


南極観測船ふじ

数ヶ月に及ぶ長期航海になると、周りは海だけの変化が少ない単調な日々が続くので、せめて食事だけでも変化が有るようにして同じ献立にならないように考えられてます。



狭い通路を通り階段を下りた所には医務室・理髪室があり、広い一般乗組員の居住区には、ぎっしりとベッドが並んでおり、南極観測隊員室には、ベッドの側に靴下を干してるのが生活感が溢れています。



2階の甲板に上がると、ヘリコプターの格納庫を利用した「南極の博物館」があり、昭和基地での活動の様子などが展示されています。



最上階のブリッジに上ると航海計器が並んでます。



その両脇にオレンジ色の椅子があり、艦長と副長だけが座る事ができる専用の椅子で、他の乗組員は絶対にその椅子に座る事はできませんでした。

続きを読む

デートにもぴったり!名古屋港水族館に海の仲間に会いに行こう!

名古屋港水族館は、1992年に名古屋港にオープンした水族館であり、日本の海・深海ギャラリー・赤道の海・オーストラリアの水辺・南極の海の5つのゾーンから成り立つ南館と、イルカ・シャチなど鯨類が躍動する北館という色んな種類の展示がなされている水族館です。



大きさの規模は名古屋でも最大であり、美ら海水族館と並んで世界最大級の規模を誇る水族館です。



名古屋港水族館

南極への旅や、「35億年はるかなる旅」といったテーマによる展示は、海の歴史や海の生き物たちの実態、そして神秘に触れることができます。名古屋港から南極への旅路にぜひ出かけましょう。



名古屋港水族館の魅力は何と言っても、巨大な施設と迫力のある展示・パフォーマンスショーです。



イルカパフォーマンスの野外水槽は、3000人も収容できる世界最大規模を誇ります。



パフォーマンス中はモニターにイルカの水中での様子や、ジャンプのリプレイなどが映し出されます。



迫力あるショーの様子を楽しみましょう。



この他にも常にイベントや特別展示が企画されており、毎回違った表情が楽しめる水族館です。



海の人気者・イルカやシャチ、ペンギン・ウミガメなどに会いに、デートにおでかけに、ぜひ名古屋港の水族館に訪れましょう

続きを読む

▲ページトップに戻る