ココに行かずに大須に行ったとは言えない!定番スポット「大須観音」

名古屋の観光地として定番中の定番とされるのが、名古屋城、テレビ塔、大須です。大須は日本一元気な商店街として知られますが、大須観音は日本三大観音の一つで、大変由緒のあるお寺です。
正式には北野山真福寺宝生院といいます。後醍醐天皇の時代の1324年に、現在の岐阜県羽島市にあった大須郷に北野天満宮が創建されましたが、その別当寺として1333年に創建されたのが真福寺です。開祖の能信上人は人徳・学識ともに深く、後醍醐天皇をはじめ皇室の信頼も厚いものでした。時代が下った1612年、名古屋の町を造った徳川家康によって現在の地に移されました。明治時代、第二次世界大戦と2度の火災に見舞われましたが、1970年に本堂が再建されました。大須の街はこのお寺の門前町から発展したものです。
真福寺文庫で有名で、国宝の「古事記」最古写本等をはじめ国の重要文化財である涅槃図や平将門伝記、弘法大師伝記等々大変貴重な資料の数々1万5千冊が収められています。また、なごや七福神の布袋尊も安置されていて、尾張三十三観音の第1番であり、東海三十六不動尊霊場の第10番でもあります。
境内には、舞踊などの扇を供養して芸能上達を祈る扇塚、古くなった人形に感謝し供養する人形塚、抜けた歯を供養する歯歯塚等があり、それぞれ季節になると供養祭が開催されています。鐘楼は女人のみの寄進による「華精の鐘」で、毎朝六時に母の愛の音色を響かせています。

続きを読む

お散歩・お庭好きなら絶対に行くべき!名古屋・白鳥庭園が美しすぎる

白鳥庭園は、名古屋市熱田区の白鳥公園に隣接した庭園です。その昔、名古屋城築城の際の材木置き場だったという白鳥貯木場の跡地に造られています。日本材木市場発祥の地とされるこの地に白鳥庭園が造られ始めたのは1983年のこと。1989年の世界デザイン博覧会のパビリオンとして整備され、9年がかりで完成しました。
名古屋だけではなく都市公園として東海地方随一の広さを誇るこの庭園は、敷地37,000㎡の、スケールの大きな池泉回遊式日本庭園です。築山は御嶽山、川は木曽川、池は伊勢湾の地形を模していて、源流から大海までの水の物語を表現しています。
季節になるとドウダンツツジ、イロハモミジ、ヤマモミジ等1500本が色づき、街中にいながら美しい絶景を楽しめます。特に夜には見渡す限りの紅葉がライトアップされ、洗練された広い広い庭と水面に、幻想的でロマンチックな情景が浮かび上がります。
本格的な数寄屋造りの清羽亭は、舞い降りる白鳥をイメージして京都と尾張の職人が共同で作り上げました。複数の広間と茶室、渡り廊下もある建物で、庭園と見事に調和しています。茶会や句会が催される他、日によっては有料でお抹茶と生菓子も味わえます。また茶寮汐入ではオーガニックなランチや様々なメニューがあり、蜂蜜と和栗小倉あんのトーストも人気です。

続きを読む

そこはもうお菓子の世界!「お菓子の城」が女子に人気な理由

名古屋で気軽に楽しめる夢の世界、お菓子の城があります。
女子の憧れのテーマパークとして大人気です。
お城の中に入ってみると、そこには世界一の砂糖細工のケーキがお出迎えをしてくれます。
大きさは、14.8メートルもあり、驚かされます。シュガーアートと言われています。
その他200点ものシュガーアートが飾られいます。世界の名所や童話の世界が作り上げられ
ため息が出る素敵な作品の数々が楽しめます。
名古屋から、いつの間にか童話の世界に迷い込んだ様な感覚です。
パーク内ではお菓子作りを体験が出来ます。
お好みに合わせて、クッキー作りやビスケットアート、ミニドーナツデコなど
作って楽しめます。季節に合わせたイベントもありますので素敵な手作り体験が
出来るチャンスがたくさんあります。
作っているうちにお腹が空いたらスイーツバイキングやランチバイキングで幸せな時間を過ごせます。
そして、お城にピッタリの素敵なドレスを着てお城をお散歩したり写真撮影も出来ます。
レンタルドレスは数百種類の中から好きなドレスを選べて、可愛い髪飾りや靴や
ブーケなどの小物もあります。またお子様から男性の衣装まで用意されています。
お姫様になって夢いっぱいの名古屋での思い出を作れます。
帰りには思い出のお土産もたくさん用意されていて、どれもお土産に喜ばれそうな
可愛いものばかりです。一日ゆっくり楽しめるテーマパークです。

続きを読む

鉄道好きなら一度は行きたい!高速鉄道技術の進歩と歴史について学べる「リニア・鉄道館」

リニア・鉄道館は、名古屋市金城ふ頭にあるJR東海の鉄道テーマパークです。

広い館内には、車両や鉄道部品等の展示コーナーをはじめ、運転シミュレーションやNゲージジオラマ、食堂や鉄道グッズの売店があり、鉄道好きなら小さな子供からお年寄りまで一日楽しむ事が出来ます。

その名の通り、リニアや新幹線・特急電車といった高速鉄道の車両展示がメインで、外観だけでなく車内も見学する事が出来ます。

その他、全40種の車両が展示されており、混雑時や人気コーナーの待ち時間など、飽きる事なく見て廻る事が出来ます。

特に運転シミュレーションは人気があり、待ち時間が出る事があります。

また、名古屋を中心に周辺が再現されているNゲージジオラマは、朝から夜まで一日の時間の流れも再現されています。

飲食コーナーでは、駅弁やサンドウィッチ等が販売されてますが、2階の飲食スペースで持ち込んだものを飲食する事も出来ます。

グッズの売店は、CDやTシャツなどのマニア向けのものから、お菓子やキーホルダーなどのお土産向けのものまで、幅広い品揃えです。

せっかくなら、鉄道で行くのがおすすめです。

名古屋駅からあおなみ線に乗り換えて、終点の金城ふ頭駅下車、駅からは歩いてすぐです。

続きを読む

古い家屋が並ぶ町並みを散策!カメラを持って「有松町並み保存地区」に行こう!

名鉄・有松駅からは徒歩ですぐの距離にあり、名古屋駅から電車で30分圏内にある有松町並み保存地区は、歴史的な美観地区として知られています。

江戸時代の古い街並みを保存している地区であり、街中を眺めて歩けば江戸時代にタイムスリップした気分に浸れます。名古屋の中でも白壁・主税・橦木、四間道、中小田井と並んで合計4地区が保護区に指定されています。

有松町並み保存地区の歴史は古く、江戸時代初期である慶長13年(1608年)に尾張藩の命により、旧東海道の池鯉附宿と鳴海宿との間に「茶屋集落」が開かれました。およそ200年後に大火によって焼失しましたが、藩の援助によりわずか20年ほどで復興、現在に至ります。

今でも、指定文化財である服部邸や武田邸、西町山車倉庫など江戸時代そのままの姿をした商家・家屋が10棟ほど残されています。また、有松絞りを旅人に販売したことで、絞りの町としても発展を遂げたことでも知られています。

現在でも絞りの店は数店舗残されていて見学して回ることができる、名古屋の中でも有数のスポットです。名古屋近郊で古い街並みを眺めながら散策したりカメラで撮影したり、お手軽に巡ることのできるスポットであり、おすすめです。

続きを読む

▲ページトップに戻る