バンクシー展 天才か反逆者か

Uncategorized

バンクシー展 天才か反逆者か

投稿日:

世界で100万人以上を動員した展覧会がやってくる!イギリスを拠点に活動し、世界で最も注目されるアーティストの一人、バンクシーの作品70点以上を展示。彼は天才なのか、反逆者なのか。ぜひその目で確認を。

開催日:2021年2月3日(水) ~ 5月31日(月)
(※新型コロナウイルス感染症の影響により、掲載内容は変更となる場合があります。
最新の情報は、公式ホームページ等にてご確認ください。)

2018年からモスクワ、サンクトペテルブルク、マドリード、リスボン、香港の世界5都市を巡回し、100万人以上の人々を熱狂させた展覧会が日本にやってくる!
イギリスを拠点に活動し、世界で最も注目されているアーティストの一人、バンクシーの70点以上の作品が初上陸。いったい、彼はアーティストなのかビジネスマンなのか、天才なのかそれとも単なる反逆者なのか。是非ともその目でお確かめください。

バンクシー展のみどころ

世界のアートシーンに衝撃を与える数々の作品が過去最大級の規模で日本に集結

バンクシーのグラフィティ作品の大半は壁面に描かれるため、すぐに塗りつぶされてしまい、現存しているものは多くありません。そんななか本展では、複数の個人コレクターの協力のもと、オリジナル作品や版画、立体オブジェクトなど70点以上を、過去最大級の規模で日本に集結させることを実現しました。作品をじっくりと間近で堪能してください。

バンクシーが問いかける社会へのユーモアあふれる風刺

バンクシーの作品はどれもキャッチーでユーモラスに見えますが、その背景には鋭い社会風刺や政治的メッセージが込められています。本展覧会では、「POLICE」「PROTEST」「CCTV」などテーマごとに作品をまとめ、裏側にある制作意図をあぶり出していきます。

日本でも多くの人に知られる、平和へのメッセージが込められた《LOVE IS IN THE AIR》や希望を願う《GIRL WITH BALLOON》、社会的弱者をドブネズミに重ねた「RAT」シリーズなども展示されています。

インスタレーションやマルチメディアによる体験型展示

本展覧会では、バンクシーの世界観を追体験する展示も多く用意されています。迫力満点の大型3面スクリーンでは、これまでの活動を紹介するイメージ映像が広がります。作家の制作風景を連想させるインスタレーションでは、ステンシルの型やスプレー缶、制作イメージ映像などから、バンクシー像が浮き上がってきます。ほかにも、2015年に企画されたアートと風刺のテーマパーク「ディズマランド」の映像インスタレーションや、パレスチナに建てられたホテル「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」の再現など多彩な表現が迎えてくれます。

※日本開催時の展示作品は変更になることがございます。

 

Banksyとは?

イギリスを拠点に活動する匿名の芸術家。世界中のストリート、壁、橋などを舞台に神出鬼没に活動している。アート・ワールドにおいてバンクシーは、社会問題に根ざした批評的な作品を手がけるアーティストとして評価されている他、テーマパーク、宿泊施設、映画の制作など、その活動は多岐にわたります。バンクシーの代表的な活動スタイルであるステンシル(型版)を使用した独特なグラフィティと、それに添えられるエピグラムは風刺的でダークユーモアに溢れています。その作風は、芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なイギリス西部の港湾都市ブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれました。

日程2021年2月3日(水) ~ 5月31日(月)
※期間中無休
時間10:00~20:00(最終入場は閉館時間の30分前)
開催場所旧名古屋ボストン美術館(金山南ビル)
料金有料
料金詳細〔大人〕平日1,800円 土日祝2,000円
〔大・専・高〕平日1,600円 土日祝1,800円
〔中学生以下〕平日1,200円 土日祝1,400円
※日時指定チケットは入場終了の30分前までオンラインにて販売
※未就学児入場無料
アクセスJR東海道本線・中央本線、名鉄名古屋本線、地下鉄名城線「金山」駅下車。南口を出てすぐ右手の金山南ビル内。
関連サイトバンクシー展 天才か反逆者か

 

-Uncategorized
-, ,

Copyright© 名古屋ぐるぐるマップ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.